【FF11】FFXI グラヴォイドの殻あつめ(アビセア-タロンギ)

【FF11】FFXI グラヴォイドの殻あつめ(アビセア-タロンギ)

グラヴォイドの殻は、エンピリアンウェポンの短剣と両手斧、黒のエンピ装束で必要になります。

グラヴォイドの殻に限らず、エンピ系のアビセア素材は集めるのがわりと手間なので、効率よくまわりたいところです。

素材集めの前準備

昔と違ってイベント武器が充実していますので、シーフ/サポ戦士でいいと思います。装備はTP重視ですがマリグナス5部位だと少々強すぎるので、どこか1部位はILなしの装備をしておくと、だいじ用の弱点をやるときに削りすぎを防げるでしょう。

武器は通常のIL武器の他に、弱点用の以下のものを用意しておくと良いでしょう。

武器 WS(属性)
ブロンズダガー サイクロン(
エナジードレイン(
ワックスソード レッドロータス(
セラフブレード(
オフィデアンソード
ラメント
フリーズバイト(
沙悟浄の槍
ピッチフォーク ほか
ライデンスラスト(
ロスシックル
アークサイズ
シャドーオブデス(
ハートビーター
アッシュクラブ ほか
セラフストライク(
トリックスタッフ
ラミアの杖 ほか
アースクラッシャー(
サンバースト(

ALL Jobの両手剣だけ入手が難しいですが、他はイベントやアンバス報酬でもらえるものが多いので、預り帳などから引っ張り出してきましょう。

光輝、陣風、影はイベント刀などを装備しても使えないのであきらめます。弱点が光/風/闇の時にこれらがきたら運良くだいじゲットできることを祈ります(笑)。

効率よくグラヴォイドを倒す

最低でも25回以上は戦わなければいけないので、効率よくGravoidを倒したいところです。それにはだいじなものを確実にゲットできるように、弱点を突くようにします。

まずアビセア-タロンギに入ったら、ビジダントを付けてすべての支援とアートマを付けます。アートマはSTPやリゲインのあるもの優先でつけましょう。

フェイスはコルモル・ウルミア・ブリジッドにしてますが、直接攻撃しないでケアル等回復できるフェイスなら何でもいいでしょう。回る順番は下図の通りです。
グラヴォイド地図
まず#2からエフトのエリアに行き、雑魚からエフトの卵を取り、動くエフトの卵をドロップするまでAbasを倒します。

トリガーを取ったら、とんずらで#2にもどり、#6に飛びます。広域サーチしてAdzeを探し、の弱点をレッドロータスあたりから撃って探しつつ突いて倒します。

だいじなもの滲んだナットの翅を手に入れたら、#4へ飛びクァールを倒してしびれるの上髭を手に入れます。Tefenetをわかせる前に盾フェイスを呼んでおきましょう。

Tefenetは即死技を持っているので、わかせたらだまし討ちWSを盾フェイスに入れて倒します。ふさふさの上髭を手に入れたら南東に向かい、コカを倒してコカトリスの尾肉を手に入れます。

動くエフトの卵とコカトリスの尾肉でAlectryonをわかせたら、弱点を突いて倒します。脂の乗ったコカトリスの皮をゲットできたら#4へもどり、#7へワープします。

#7でマンティコアを倒し、強靱なたてがみを取ります。広域でMinhocaoをチェックしておきます。強靱なたてがみとふさふさの上髭でMuscalietをわかせ、弱点を突いて倒します。だいじなもの瑞々しいマンティコアのたてがみをゲットしたら、Minhocaoも同様に弱点を突いてだいじなもの湿ったサンドウォームの殻をゲットします。
グラヴォイド
だいじなもの4つを揃えたら、いよいよGravoidです。ディスゴージをまともに食らうと結構痛いですが、ダメージ吸収だけ気をつけていればIL119装備で楽になとせると思います。少し通常で多めに殴ってトレハンを乗せれば、グラヴォイドの殻2個出ることが多いです。

こんな感じで回していきました。その結果……

ウコンバサラ、ゲットだぜ!

Advertisement

(C) 2002 – 2021 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

b.FFXI攻略-小ネタ・役立ち技カテゴリの最新記事